サービスの詳細

1台のセキュリティ専用機器(VSR)を導入いただくだけで、複数のセキュリティ対策が実現可能です。 ファイアウォール機能に加え、オプションのウイルスプロテクション、URLフィルタなどの機能をご利用いただくことができます。

マネージドセキュリティサービス(VSR)サービスの詳細

基本サービス

マネージドセキュリティサービス(VSR)基本サービス

 
※ファイアウォールは、ステートフル・パケット・インスペクション方式を採用。
 外部および内部からのアクセス許可を最小限に抑えることで、高いセキュリティ水準の維持と使いやすいネットワーク環境を両立します。

オプションサービス

お客さまニーズに応じて選択ご利用いただきます。管理者様向け運用支援ツールや、独自の監視システムにより、 安心のセキュリティ運用をサポートします。

 IDS/ads VSR(VarioSecure Router)を通過するパケットを常時監視することにより、不正アクセスやサービス妨害攻撃を検出します。
 拠点間VPN 暗号化の技術などによって、インターネット上に仮想専用線をつくり、安全な通信を行う機能を提供します。
 セカンドHQ VSRによる拠点間VPNのセンター拠点に対し万が一の障害発生時にはあらかじめ設定された予備のセンター拠点へ自動的な切り替えを行います。
 リモートアクセスVPN PPTPまたはL2TP/IPSECを利用し、社外から社内のリソースに、安全にアクセスできるようにします。
 リモートアクセスVPNプラス SSL-VPN方式によりリモートPCに実装した専用クライアントツールからより強固に社内のリソースに、安全にアクセスできるようにします。
 ウイルスプロテクション VSR (VarioSecure Router)を通過するメール、Web通信を透過的にウイルスチェックし、感染ファイルの自動削除を行います。
 URLフィルタ 社内ネットワークの私的利用を防ぎ、社内から社外のWebを参照する際に、特定のカテゴリに対してフィルタリングを行います。
 Intersafe WebFilter プロキシ機能を実装し、社内から社外のアクセスに対し柔軟な設定ポリシーで運用することができます。 特定のカテゴリーに対してフィルタリングを行います。またアクセスログを収集することができます。
 ホットスタンバイ 万一の機器の故障に、自動的に予備機への切り替えを行います。
 
 ロードバランサ 外部ネットワークからのリクエストを一元的に管理し、複数サーバへの振り分けを行い、各サーバの負荷を自動的に分散し軽減します。L4ベースとL7ベースが選択可能です。
 マルチホーミング 通信回線の障害に備え、予備回線を同時接続。回線を冗長化することによりさらに信頼性の高い通信を実現します。
 LAN監視サービス 自動監視システムによる24時間監視と通知メールにより、あらゆる危機期の監視をVSRで死活監視します。
 月次セキュリティレポート ご利用のVSR(VarioSecure Router)でブロックした通信について、セキュリティレポートを月次で提供します。

関連サービス