情報共有システムを提供するリンコムは、主力製品である企業間ウェア「リンコム ネクスト」をクラウド化した「クラウド版リンコム ネクスト(LNSaaS)」の提供を開始した。
そのサービス基盤の一つに採用したのが「BIGLOBEクラウドホスティング」だ。
これにより、サービス提供のスピードアップを実現。
トラブルを未然に防ぐプロアクティブな対応も可能になり、サービスの付加価値向上につながっている。

情報共有・活用の選択肢を広げる「クラウド版リンコム ネクスト」

株式会社リンコム 取締役 野村 剛志氏
株式会社リンコム 取締役 野村 剛志氏

企業ビジネスにおける情報共有・活用を強力に支援するリンコム。創業以来、グループウェアをはじめとした情報系ソフトウェアの開発・提供に注力し、多くの企業のビジネス活性化に貢献している。製品の導入実績は1000社以上にのぼる。

その実績と経験を生かした主力製品の1つが、中堅・大規模環境向けの企業間ウェア「リンコム ネクスト」である。これは掲示板、ファイル共有、フォーラムなどの機能を使い、取引先企業と自社の間でやりとりする情報を管理する"企業間"のグループウェア。ソースコードを公開しており、柔軟なカスタマイズが可能な点が大きな特長だ。

料金体系がサーバ単位で課金するサーバライセンス制であることも重要なメリットだ。ユーザ数が増えても、サーバを追加しなければ料金は変動しないため、利用企業はコスト負担を極小化できる。

株式会社リンコム 営業部 シニアマネージャ 長内 章氏
株式会社リンコム 営業部 シニアマネージャ 長内 章氏

「リンコム ネクストを活用することで、最適なコストで情報のオープン化、取引先対応の迅速化、定型業務の効率化などが可能になり、取引先企業との関係強化につながります」と同社 取締役 リンコム ネクスト事業部長の野村 剛志氏は語る。

従来リンコム ネクストは企業内のサーバ環境で運用するオンプレミスが主流だったが、顧客企業からの多様なニーズに対応するため、同社では、新サービス「クラウド版リンコム ネクスト(LNSaaS)」の提供を開始している。
LNSaaSはパッケージ版のリンコム ネクストの機能をクラウドサービスとして提供するもの。自前でサーバを調達・導入することなく、必要なときに必要な分だけ利用するスモールスタートが可能だ。「初期投資を抑え、システムの柔軟性も高まります。また、自前でインフラを持たないので、運用管理の負荷も軽減できます」と野村氏は話す。

通常、企業間ウェアをオンプレミス環境で運用する場合、ホスト役を担う会社がサーバの設定・管理などを担当しなければならない。この場合、セキュリティ対策のほか、自社だけでなく取引先企業も含めたアクセス権の管理などが必要だ。「その点、LNSaaSであれば、こうした煩雑な作業から解放され、サービスの利用に専念できます。自社のニーズに応じて、最適な形でサービスを利用できるので、企業間における情報共有・活用を図るための選択肢が大きく広がります」と同社 営業部 シニアマネージャの長内 章氏は説明する。

実績と信頼のクラウド基盤を評価 競争力の高いサービス提供が可能

LNSaaSは顧客ニーズにより柔軟に対応するため、複数のクラウド事業者と提携してサービス提供を図っている。その基盤の1つに採用したのが「BIGLOBEクラウドホスティング」である。
選定の理由について、野村氏は次のように語る。

「"BIGLOBEクラウドホスティング"は、管理性やデータセンターの信頼性、コストパフォーマンスなどこちらが求める数々の要件をほぼパーフェクトに満たしていました。また、国内有数のISPとしての実績に加え、知名度も高く、お客さまにも安心してサービスを展開できると判断しました」。

セキュアで柔軟な運用が可能な点も同社が求めた要件の1つだ。「BIGLOBEクラウドホスティング」は顧客ごとに独立した論理構成を構築し、専用プライベートLANで高度なセキュリティも確保できる。リソースもCPUやメモリ単位で増強でき、サーバスペックの可変性が高い。「お客さまのニーズにきめ細かに対応できる上、コスト負担も最適化でき、競争力の高いサービス提供が可能になります」と長内氏は評価する。

ビジネスメリットの高いパートナープログラムも重要なポイントだ。これは企業のビジネス拡大を支援する制度。登録企業はBIGLOBEの豊富なサービスとの組み合わせで、自社ブランドによる付加価値の高いソリューションを提供することが可能だ。パートナープログラムに登録した企業は、「BIGLOBEクラウドホスティング」に関して、きめ細かな技術情報や販売支援を受けることができる。

図 「BIGLOBEクラウドホスティング」を活用したLNSaaSのサービスイメージ

企業間ウェア「リンコム ネクスト」を「BIGLOBEクラウドホスティング」上に展開。顧客ごとに独立した論理構成を構築し、専用プライベートLANで高度なセキュリティも確保する。
リモートでのパフォーマンスチェックにより、トラブルを未然に防ぐプロアクティブな対応も可能だ。

リードタイムを3分の1に短縮サービスの付加価値向上も実現

LNSaaSへの関心は高く、導入実績も増えつつある。その1社が、映像製作大手の東映ビデオである。同社はより緊密な情報共有と経理事務のワークフローの電子化を推進するため「BIGLOBEクラウドホスティング」をベースにしたLNSaaSを採用。サービス提供後は大きなトラブルもなく安定稼働している。

また東映ビデオの場合、構築から利用開始までかかった期間もわずか1カ月だったという。「オンプレミスでのシステム構築には通常2カ月から3カ月程度かかりますが、サーバの調達や設定作業が不要なため、リードタイムを3分の1程度に短縮化することができ、大幅なスピードアップにつながりました」と野村氏は話す。

サービスの付加価値も向上している。「例えば、オンプレミスでシステムをチェックするにはエンジニアがお客さま先に訪問しなければなりませんでしたが、LNSaaSなら検査ツールをクラウド上に設置しリモートで制御することができます。システムのパフォーマンスもリアルタイムでチェックできるので、リソース不足などの兆候をいち早く把握し改善を促すプロアクティブな提案が可能になります」と長内氏は話す。

利用者側だけではなく、管理者側にもメリットは大きい。LNSaaSではシステムをクラウド上で一元管理するため、カスタマイズ化の作業を効率的に行え、顧客の要求にも今まで以上に迅速に対応できるからだ。
同社では、今後もLNSaaSのメリットを幅広く訴求し、サービスの普及拡大を図ることで、企業間ウェアのスタンダードを確立していく考えだ。

ページTOPへ

資料のご請求
資料のご請求

機能一覧・活用例などの資料をご請求

資料のご請求
お問い合わせ
お問い合わせ

ご質問・ご不明点などお気軽に問い合わせください

フォームから問い合わせる
よくあるご質問(FAQ)
よくあるご質問(FAQ)

お客さまからいただくご質問をまとめました

FAQを見る