お好みソースの代表的なメーカーとして知られるオタフクソース株式会社では、オンラインショッピングサイト「オタフクごちそう便」の再構築を実施した。
新システムの基盤には、IaaS型クラウドサービス「BIGLOBE クラウドホスティング」を採用。突発的な大量アクセス集中などにもスピーディに対応できる高信頼インフラを実現し、通販を利用する顧客へのサービス向上や社内の業務効率化に役立てている。

「オタフクごちそう便」のITインフラ刷新に取り組む

オタフクソース株式会社 マーケティング部 ダイレクトマーケティンググループ グループリーダー お好み焼士 (インストラクター) 丹千恵氏
オタフクソース株式会社 マーケティング部 ダイレクトマーケティンググループ グループリーダー お好み焼士 (インストラクター) 丹千恵氏

広島名物「お好み焼」に欠かせないのが、風味豊かなお好みソースだ。このお好みソースの大手メーカーとして、日本中に数多くのファンを獲得しているのがオタフクソースだ。

同社の丹 千恵氏は「意外と知られていないのですが、実はメーカーとしての当社は食用酢の醸造業からスタートしています。しかし戦災によって全ての生産設備を喪失。醸造の再開後、新たに始めたのがソース作りでした」と説明する。

ソースメーカーとしては後発だっただけに、事業を軌道に乗せるまでには並々ならぬ苦労があったという。商品を使用している顧客に直接要望を尋ねては、改良を繰り返した。お好みソースはこうして誕生した。その後も地道な努力を積み重ね、現在の商品への信頼につながっている。

もっとも広島を地盤とする企業だけに、遠方に住む顧客の需要に応えるのは難しい面もある。そこで新たに始めたのが、オンラインショッピングサイト「オタフクごちそう便(tsuhan.otafuku.co.jp)」である。

「元々は地方での営業活動を補完するために始めた『オタフクごちそう便』ですが、現在では主力販売チャネルの一つとして多くのお客様にご利用いただいています。サイト内容の拡充やサービス強化にも力を注いでおり、お買い上げ金額100円ごとに1ポイントを付与する『ふくふくポイントシステム』なども展開しています」と同社の近松結香氏は説明する。

同サイトでは、お好みソースなどの定番商品のほか、季節限定商品や同社の創業事業でもある酢関連商品など、300点以上にものぼる多彩なアイテムを掲載。「ゆず味付生ぽん酢」のように、全国にリピーターを獲得している人気商品も数多い。

柔軟性・信頼性の高さを評価しBIGLOBEのクラウドサービスを採用

オタフクソース株式会社 マーケティング部 ダイレクトマーケティンググループ お好み焼士 (インストラクター) 近松 結香氏
オタフクソース株式会社 マーケティング部 ダイレクトマーケティンググループ お好み焼士 (インストラクター) 近松 結香氏

しかし、オタフクごちそう便の成長の裏には、ある課題があった。当時導入していたASPサービスでは、事業者側が提供する決まった機能しか使うことができず、非効率的な業務プロセスを強いられていたという。従来のITインフラではビジネスの成長に追随できなくなっていたのだ。
そこで今回、同社ではこのオタフクごちそう便を支えるITインフラの再構築に取り組むことにしたのである。

「以前は基幹システムとの連携を行うことができなかったため、オンラインでいただいたご注文データを基幹システム側にも別途手入力する必要がありました。また、ふくふくポイントについても、お客様がWeb上でご自分のポイントを確認できない、ポイントを利用される際の金額計算を手作業で行う必要があるなど様々な問題がありました」と丹氏は振り返る。

こうした手作業を伴う業務プロセスでは、各種の業務処理に時間が掛かる上に、入力ミスなどのリスクもつきまとう。しかも旧ASPサービスでは、セキュリティ面からクレジットカード決済に対応していなかった。
同社ではこうした課題を解消すべく、豊富なマーケティング/決済機能を備えたアイキューヴのECソリューション「通販の神様」の導入を決断。この際に新システムの基盤としてアイキューヴ社から同時に提案されたのが、IaaS型クラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」であった。

その決め手としては、急激なアクセス集中の際にも、安定的なサービスが提供される点が大きかったという。ECサイトでは、事前に予期できない突発的なアクセス増加がしばしば発生するため、サーバ増設が必要なケースがあるからだ。

「実際に当社の場合にも、テレビのバラエティ番組で『かつめしのたれ』が取り上げられたところ、ご注文件数が一気に平常時の7~8倍に跳ね上がったことがありました」と近松氏は語る。

こうした事態に備えて余剰なシステムリソースを抱え込むのでは、コスト/運用管理面での負担も重くなってしまう。その点、BIGLOBEクラウドホスティングを利用すれば、必要な時に必要な分だけのリソースを確保できる。これにより、コスト削減とビジネス機会損失防止を同時に実現可能だ。事実、オタフクごちそう便のインターネット注文は2011~12年の1年間で売上金額を60%以上もアップするなど、大幅に収益を伸ばし続けている。

さらに、高い信頼性・可用性を確保できる点も重要なポイントだった。BIGLOBEクラウドホスティングでは月間サーバ稼働率もSLA99.99%以上を保証しており、今回のような販売戦略の一端を担う重要なシステムにも安心して適用できる。
また、セキュリティへの安心感からクレジットカード導入も決断した。ちなみにシステム構築を担当したアイキューヴ社では、今回の提案を行うにあたり、複数の事業者のクラウドサービスを試験導入して信頼性の検証も実施。その結果、最も高い評価を獲得したのがBIGLOBEクラウドホスティングだったのである。

オプション機能の活用も視野に通販事業のさらなる成長に貢献

今回新たに導入されたシステムでは、BIGLOBEクラウドホスティングを利用してWebサーバやデータベースサーバを構築。
今後、システム面での新たな要件が生じた際には、BIGLOBEクラウドホスティングのプライベートLAN機能とオプション機能であるロードバランサなども活用を検討していく予定だ。

また、BIGLOBE法人コンタクトセンターへ問い合わせや質問をした際の回答がスピーディである点もシステムの運用監視を担当するアイキューヴ社から高く評価されている。
「ITインフラを刷新したことで、これまでのような業務の非効率さは解消。新たなマーケティング施策も安心して展開できますので、お客様に喜んでいただける新しいサービスをどんどん打ち出していきたい」と丹氏。

続けて、近松氏も「主力商品であるお好みソースはもちろんのこと、当社では他にも自信の商品が多数あります。
こうした商品をもっと多くのお客様に知っていただく上でも、オタフクごちそう便を活用していきたいですね」
と話す。こうした同社のビジネス戦略および新しくなったECサイトをBIGLOBEクラウドホスティングがこれからも支えていくことになる。

図 オタフクソースの「BIGLOBEクラウドホスティング」活用イメージ

ページTOPへ

資料のご請求
資料のご請求

機能一覧・活用例などをの資料をご請求

資料のご請求
お問い合わせ
お問い合わせ

ご質問・ご不明点などお気軽に問い合わせください

フォームから問い合わせる
よくあるご質問(FAQ)
よくあるご質問(FAQ)

お客さまからいただくご質問をまとめました

FAQを見る