標準環境で構築できるセキュリティレベル

構成のポイント

1. セキュリティオプションを利用せず、OSのファイアウォール機能を活用することでコストダウン
2. 不要なポートはブロックし、アクセス元のIPアドレスも制限
3. グローバルネットワークからのDBサーバアクセスを禁止し、WebサーバとDBサーバ間の通信はプライベートLANで対応

有償のセキュリティオプションのバリエーション

より強固なセキュリティ構成を組んでいただくために、各種セキュリティオプションをご用意しております。
コントロールパネルから購入いただくことができるオプション(WAFやファイアウォールメニュー)をはじめとして、VPNオプションや、お客さまのご要件をお伺いしながら監視設定を行うサーバ運用支援サービス(APログファイル監視など)など豊富に取り揃えています。

セキュリティオプション  機能
 WAF
(URL毎にアクセス制御)
 Webアプリケーションへの脆弱性攻撃に対する防御
 ログ監視
(サーバ運用支援サービスのAPログファイル監視やイベントログ監視など)
 OSやミドルウェアのアラート検知
 ファイアウォール
(IPアドレスを基にしたアクセス制御)
 ネットワーク(IP層)への脆弱性攻撃に対する防御
 infra-VPNサービス
クラウドアクセスサービス(IPsec-VPN)
 サーバとの通信経路を暗号化し盗難防止
 クラウドアクセスサービス(お客様指定回線)

 インターネット経由しないセキュアなアクセスが可能
 

ページTOPへ

資料のご請求
資料のご請求

機能一覧・活用例などの資料をご請求

資料のご請求
お問い合わせ
お問い合わせ

ご質問・ご不明点などお気軽に問い合わせください

フォームから問い合わせる
よくあるご質問(FAQ)
よくあるご質問(FAQ)

お客さまからいただくご質問をまとめました

FAQを見る

関連サービス