働く人に優しいデータセンター

岐阜SDCは、最先端のデータセンターを「人と情報が触れ合えるヒューマンなパーク」をコンセプトに実現します。堅牢なデータセンター設備以外に、エンジニアが快適に効率よく作業ができる設備として、長期間の作業に対応した大型プロジェクトルーム、リフレッシュルーム及び人々がリラックスして交流できる緑豊かなリフレッシュ空間を用意し、従来型の無機的なデータセンターと一線を画したヒューマンなデータセンターです。

受付ロビー

免震対策で高効率なデータセンター

従来型データセンターの床下吹き出し方式に変えて、エネルギー効率に優れた「壁吹き出し方式空調」を採用。
空調にラック架台やケーブルラックなど空気抵抗の大きい床下を使わないことで、シンプルな気流設計が可能となり、送風にかかる消費電力を従来の66%低減するとともに様々な省エネ技術を導入。省エネ型データセンターを実現しています。建物自体は震度6強クラスの地震動にも耐える免震構造を採用。東海・東南海・南海3連動地震などの極めて稀に発生する地震動に対しても、サーバー室の応答加速度を200cm/s2(ガル/gal)程度まで揺れを低減、サーバーの安全性を確保します。
また、免震層を利用した高床構造とすることで、洪水時の浸水に対しても事業継続可能としています。
建物直下の地震に対して格子状地盤改良を実施することで液状化発生を防止し、建物を確実に支持します。

床上げおよび免震装置

提供ラック

フルラック  700×1,200×2,200(mm) 47Unit、100V or 200V、20A or 30A
ハーフラック 700×1,200×1,100(mm) 23Unit、100V or 200V、20A or 30A

標準無償サービス:電源Off/On、ケーブル抜き挿し、インジケータ確認 ※平日10:00~18:00(回数無制限)、他時間帯は有償。

関連サービス