大学サイトの役割

大学サイトは受験生の獲得において、広報戦略上非常に重要な役割を担っています。入試情報やオープンキャンパス情報の告知はもちろんのこと、大学の特色や魅力を伝え、研究活動やキャンパスライフをイメージしてもらうことが必要です。加えて、受験生だけでなく、その家族に対して安心感、信頼感を持ってもらうことも大切です。

また、サイトには場所や時間の制約がなく速報性にも優れていることから、以前は紙媒体が中心であった大学案内や広報誌についても、Webサイトにその役割が移ってきています。在学中の学生、地域住民、企業など様々な利用者に対し、それぞれ必要とされる情報を適切に提供することが求められます。

サイトを訪れる利用者に、どのような体験をしてもらうべきか。利用者の目的が達成されるには、どのような機能やコンテンツが必要か。大学サイトの役割を整理することは、サイトリニューアルを検討するうえで必須といえます。

受験生とその家族

在学生・OB

地域住民、企業

3つの必須要件

大学サイトのリニューアルと安定運用において、抑えておくべき検討項目をご紹介します。

1.マルチデバイス対応

スマートフォンの急速な普及により、大学サイトのスマートフォン対応はもはや必須といえます。

総務省が高校1年生を対象に行った調査※によると、インターネットに接続する際、スマートフォンを最もよく利用する、と答えた割合は約75%という結果がでており、Webサイトにおいてスマートフォンでの表示を最優先する「モバイルファースト」という考え方も出てきています。
※総務省 平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等

モバイルファーストとは、「まずPCサイトを構築した後にスマートフォン向けに最適化する」という従来のアプローチとは異なり、初めからスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスでの表示を優先する考え方のことで、マルチデバイス時代において必須の設計方針といえます。

2.CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入

サイトにおける様々な利用者ニーズに対応するため、各学部や部署が自由に情報発信できる体制があることが望ましいです。しかし各担当者によってサイト更新に関するスキルがまちまちなので、更新に時間がかかったり、ページの品質にばらつきが出たりという問題が起こります。

そんなときはCMSを導入することで、誰でも簡単にサイト更新ができるようになり、更新の履歴管理や承認ワークフローも実現可能になります。前述のマルチデバイス対応も容易に行うことができます。

大学サイトの場合、本体サイトに加えて各部署が運営する学部オリジナルサイトが存在するケースが多く、CMS管理とCMS非管理の切り分けや、段階的なCMSへの移行など、予算やスケジュールに合わせて検討が必要です。

CMSの導入メリット
・HTMLの知識不要。ブラウザからいつでも簡単更新
・ページをテンプレート化し、デザインや運用ルールを統一
・部門ごと担当者ごとに更新可能な範囲を限定可能
・承認ワークフロー、語句チェックなど運用支援機能を搭載

3.クラウドプラットフォームによるサイト運用

サイトの効率的かつ確実な運用にあたり、CMSと同様にプラットフォーム(サーバ)選びもますます重要になっています。

例えば、学内でサーバを管理している場合、メンテナス中にWebサイトを見ることができなくなってしまう。といった問題はないでしょうか。また、災害など有事の際にもWebサイトを安定稼動させる仕組みや、万が一の場合にバックアップデータからデータを復旧できる運用は確立されているでしょうか。

また、近年サイトに掲載される情報量が増え、Webを活用するユーザも増えている状況下において、深刻な問題も発生しています。たとえばサイトの脆弱性や、悪意のある第三者からのページ改ざんやアタックなどのリスクに対して、事前と事後両面での対策や体制維持が不十分なサイトは残念ながら少なくありません。

プラットフォームの運用・保守においては、サーバ機器の故障を想定するだけでは不十分で、予期せぬトラフィック増加や、セキュリティインシデントに対する対応が必要です。つまり、サイトを支えるプラットフォームにおいて、可用性、拡張性、セキュリティ対策などの運用ポリシーの設計と確実なオペレーションが求められています。特にOSやミドルウェア、CMSといったソフトウェアには、バージョンアップやパッチ適用を継続的に実施する体制が必要です。

解決の方向性としては、マネージド型のクラウドプラットフォームがあります。BIGLOBEでは、CMSとプラットフォームを統合した、クラウドCMSサービス(BIGLOBE WebホスティングPatternStyle CMS)をご提供しています。リニューアル方針の策定、サイト制作、CMS導入、データ移行、クラウドプラットフォーム、設計構築、また導入後の運用保守や対応窓口、問題発生事の原因切り分けまでをワンストップでお任せいただけます。

サイトリニューアル、クラウドCMSの導入検討

お気軽にお問い合わせください