創業時、専門家に相談したいことはたくさんあるはず・・・

気軽に相談できる専門家はいますか?

1. 士業さんとのつながりをつくろう


法人登記、確定申告はもちろん、売買、請負契約といった契約書の作成など、創業期に、専門家(士業)の助けが必要なケースは多岐にわたります。一見、インターネットとは関係ない話と思うかもしれませんが、今はインターネット上で、効率的に専門家から助言をもらう方法があるのです。

2. 税務、法律、労務…


創業期の税務、法律など専門的な知識を必要とする課題について、漠然とした不安を抱えている創業者は多いです。その不安を漠然としたまま放置するのではなく、気軽に質問、相談できる士業の方とつながりをつくれるかどうかが、創業準備のストレスや時間の無駄を減らす大きなポイントとなります。創業期は、できるだけ多くの士業の方とコミュニケーションを取ることをおすすめします。税理士、司法書士、弁護士、会計士、社労士、弁理士など、いつでも、どんなケースでも相談ができるネットワークがあるのは大変頼もしいものです。
ただ、様々な士業さんの事務所を訪問し、直接話しを聞くような時間はなかなか無いのではと思います。もちろんその中で、あなたの疑問に応えてくれる相性の良い専門家を探し出すことも大変です。しかし今は、士業さんたちとのネットワークが、インターネット上のサービスを活用することで簡単につくれるのです。

税務、法律、労務…
士業さんとのお付き合いはインターネットから…

3. 士業さんとのお付き合いはインターネットから…


創業準備の一つとして、インターネット上で様々な士業の方をマッチングし、相談できるサービスをぜひ利用しましょう。あなたが不安に思っている専門知識(登記、税務、労務、契約書など)について、サイト上で質問を投げかけると、丁寧にメールで回答をしてくれます。相談件数が月1件までだったり、契約書作成を依頼すれば料金が発生したりはしますが、直接会って話しをするより時間も手間も減らすことができます。
創業期は、あなたが専門家にどんなアドバイスを求めなければいけないのか? 問題があいまいで、種類も状況も多岐にわたります。専門知識が無いがゆえに、明確に問題を伝えることも難しいかもしれません。だからこそ士業さんとは、直接会って話をするより、良い意味で「薄く広い」お付き合いをおすすめします。
なにより、自分と相性の良い専門家を見つけやすいのが、こういったサービスを利用する一番のメリットです。専門家、士業として知識があるのは当然ですが、コミュニケーションやレスポンスの相性など、あなたの創業期の準備段階を理解し、有益な情報をわかりやすく提供してくれるかどうか見極めるために、インターネットを活用しましょう。

創業時、これだけはしておきたいインターネット関連の準備

オフィスにインターネットをひく
会社のwebサイトをつくる
会社の名刺に必要な情報

BIGLOBE創業支援サービス

関連サービス

ユーザーサポート