創業時、会社のwebサイトをつくる時のチェックポイント

なぜ早めにホームページがあったほうが良いのか?

1.創業前から必要?


ホームページを見るのはお客様だけではありません。銀行の法人口座、助成金、補助金申請、各種許認可など、あなたの会社の中身をチェックする人、あなたの創業そのものに大きく関わる人たちすべてが会社のホームページを見ています。参考とは言え、ホームページそのものがちゃんとあること、その印象であなたの会社は良くも悪くも判断されてしまうことになります。創業前から早めにホームページの準備を始めたほうが良いのです。

2. 初心者でも使えるホームページサービスを選ぶ


初心者でも大丈夫! いまどきのホームページサービスなら、ワード、エクセルを使える程度のPCスキルで簡単に会社のホームページはつくれます。つくった後の公開、更新も簡単で、レンタルサーバーの準備や他ソフトなども不要なサービスがあります。まずは「ホームページを自分でつくる」ことに苦手意識をもたず、ホームページサービスの利用を考えてみましょう。

Feather cloud 詳細へ    無料版お申し込み

初心者でも使えるホームページサービスを選ぶ

3. ホームページサービス、どんなポイントで選ぶ?


もちろん、とりあえず何でも良いからホームページがあればOKというわけではありません。会社の第一印象を決めるホームページは、「準備や制作が簡単か?」以外にも抑えておきたいポイントがあります。「いまどきのデザインでつくれそうか?」「スマートフォンで見ることができるか?」「SNS、地図、問合せフォームを表示することが簡単か?」はホームページサービスを選ぶ際にチェックしてみてください。

創業時、これだけはしておきたいインターネット関連の準備

オフィスにインターネットをひく
会社の名刺に必要な情報
専門家(士業)とのつながりをつくる

BIGLOBE創業支援サービス

関連サービス

ユーザーサポート