施行時期迫る!「就業時間の上限規制」などに対応する勤怠管理ソリューション–HR Expo アマノ社ブースの様子(2018年7月)


▲HR Expo(2018年7月13日) アマノ社ブース内にて


こんにちは。
ビッグローブの手品師 兼 広報担当 マギーです。

施行時期が迫っていますが「就業時間の上限規制」や「年休の取得義務化」などへのご対応はいかがでしょうか?

勤怠管理システムのアマノ株式会社[アマノ社]は、これら改正される制度に対応した人事労務管理のクラウドソリューションを提供しています。
ビッグローブのクラウドは、そのクラウド基盤として採用されています。

今回は、2018年7月11日~13日に行われた人事業界 日本最大の展示会「HR EXPO」(主催:リードエグジビションジャパン株式会社)のアマノ社のブースの様子をご紹介します。

ブースでは働き方改革に伴い改正される制度とそのソリューションについて紹介されていました。


▲主な働き方改革に伴い改正される制度の解説


▲TimePro-NXを導入すれば「勤務間インターバル規制」への対応ができます


▲TimePro-NXを導入すれば「就業時間の上限規制」への対応ができます


▲TimePro-NXを導入すれば「年休の取得義務化」への対応ができます


▲TimePro-NXは、クラウド型のタイムレコーダSX-250に対応しています。

ビッグローブのクラウドは、アマノ社のクラウド対応タイムレコーダSX-250と人事労務管理パッケージTimePro-NXを組み合わせた就業管理システムを導入できます。
アマノ社のタイムレコーダとビッグローブのクラウドを使えば、勤怠実績の集計(TimePro-NX 就業)や勤怠実績からの給与計算(TimePro-NX 給与)もクラウド化できます。
クラウドサーバを使うことで、オフィスにサーバを置くことなく勤怠管理のシステム化を実現できます。
また、本社オフィス以外からの勤怠管理も実現できます。

★お問い合わせ★

「クラウドを使った人事労務管理」の導入をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダーをご紹介します。まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。
※ご参考:アマノ株式会社のホームページ

カテゴリー: サービス・イベント情報 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , | 施行時期迫る!「就業時間の上限規制」などに対応する勤怠管理ソリューション–HR Expo アマノ社ブースの様子(2018年7月) はコメントを受け付けていません。

『IoT&H/W BIZ DAY 6』(2018年9月14日)に出展します–名刺サイズのAndroid搭載 IoTデバイス「BL-02」

▲ 「BL-02」をご紹介した前回のイベントの様子(2018年5月のIoTイベント)

こんにちは。
ビッグローブの法人事業本部広報担当 ココです。

ビッグローブは2018年9月14日(金)に開催されるイベント『IoT&H/W BIZ DAY 6』の「体験展示」と「カンファレンスセッション」に出展します。

IoT/ハードウェアビジネス関係者が一堂に会する場として、またビジネスマッチング・ネットワーキングの場として、ご来場の皆さまに広く活用いただけるイベントとなります。

ご来場をお待ちしております。

★イベント情報★

 

 

 

『IoT&H/W BIZ DAY 6』

●概要:IoT/ハードウェアビジネスに関するイベントです。
●会期:2018年9月14日(金)11:30-18:00
●会場:赤坂インターシティコンファレンス
(東京都港区赤坂 1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F(the AIR))
●入場料:展示ブース(無料)、全カンファレンス&展示ブースフリーパス【EventRegist限定】(3000円)
●主催:ASCII
●詳細とお申し込み:
チケットの種類、枚数を指定し「申し込む」からお申し込みください。

 

★体験展示ブース情報★

体験展示ブース 11:30~18:00(参加費:無料)では、
名刺サイズのAndroid搭載 IoTデバイス「BL-02」を中心に展示いたします。

★カンファレンスセッション情報★

15:00~カンファレンスセッションD:「IoTがなぜ進まないのか?」への答え デバイスから考えるデータ価値創出の方法

カンファレンスセッション 15:00~15:45 (参加費:¥3,000円(税込))では、弊社エバンジェリストより、「BL-02」の開発秘話、活用事例をお話させていただきます。
※カンファレスセッションにご参加いただき、展示ブースにて名刺交換させていただいたお客さまには、もれなくビッグローブ オリジナルノベルティ「モバイルバッテリチャージャー」をプレゼントいたします。

★お問い合わせ★

「BL-02」などモバイルソリューションの導入をご検討の方、
まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンター
(0120-26-5644)にご連絡ください。

★ご参考★

名刺サイズのAndroid IoTデバイス「BL-02」

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。

 

カテゴリー: サービス・イベント情報 | タグ: , , , , , | 『IoT&H/W BIZ DAY 6』(2018年9月14日)に出展します–名刺サイズのAndroid搭載 IoTデバイス「BL-02」 はコメントを受け付けていません。

『奉行クラウドフォーラム2018』に出展します(名古屋、東京、大阪)–消費税対応、働き方改革、クラウド


▲昨年の『奉行フォーラム2017』(2017年10月17日東京会場)の様子


こんにちは。
ビッグローブの手品師 兼 広報担当 マギーです。

ビッグローブは2018年9月より開催される 勘定奉行のOBC社主催の
『奉行クラウドフォーラム2018』(名古屋、東京、大阪会場)に出展します。

フォーラム会場のテーマは「消費税」「軽減税率」「クラウド」「働き方改革」です。

いよいよ消費税10%と軽減税率(2019年10月施行予定)への対応が必要になってきます。
対応のために、勘定奉行10や商蔵奉行10をクラウド化するお客様が増えています。
また、人事労務管理・勤怠管理を中心に働き方改革への対応も求められています。
人事奉行10や就業奉行10のクラウド化をご検討されるお客様も増えています。

ビッグローブのクラウドはOBC社より公式対応パブリッククラウドに選ばれています。
おかげさまで、奉行シリーズが動作する国産クラウドで導入実績No.1になりました(2017年11月末までの実績 OBC社調べ)。
また、動作確認済みの奉行連携ソリューションも多数あります。

ビッグローブのブースでは、「奉行向けクラウドサーバ」を展示します。
導入事例、連携ソリューション、奉行クラウドのデモなどをご紹介します。
クラウドを使った「新しい働き方」を体験いただけます。

ビッグローブ オリジナルノベルティもご用意しております。
是非、お立ち寄りください。

★イベント情報★

『奉行クラウドフォーラム2018』

●概要:勘定奉行のOBC社主催のセミナー・展示イベントです。
●会期:2018年9月12日~10月25日 
   (全会場共通 受付開始 9:15 開催時間9:30~17:30)
●会場:名古屋、東京、大阪など 全国12会場
●主催:株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)
●お申し込み⇒「奉行クラウドフォーラム2018」ページ【事前登録制/参加費無料】

ビッグローブの出展内容

●概要:ビッグローブは名古屋、東京、大阪会場にてブース出展します。
『BIGLOBEクラウドホスティング』で提供している「奉行向けクラウドサーバ」を展示します。
●会期、会場:
2018年10月 3日(水) 名古屋会場(名古屋東急ホテル)
2018年10月12日(金) 東京会場 (ANAインターコンチネンタルホテル東京)
2018年10月25日(木) 大阪会場 (ホテルニューオータニ大阪)

★ご参考:導入事例★

総務経理部がシステム担当を兼任する少人数体制のお客様の事例
『【製造・販売業】岩下エンジニアリング株式会社様』の導入事例はこちら

他社クラウドからの乗り換え:勘定奉行、償却奉行
『【情報システム】株式会社三好コンスル様』の導入事例はこちら

他社クラウドからの乗り換え:商奉行、蔵奉行
『【情報システム】東京ソフト株式会社様』の導入事例はこちら

勘定奉行、給与奉行のデータバックアップ用に導入!「安心を1,000円(税別)/10GBで確保し、本業に専念しています。」
『【情報システム】ポッピンゲームズジャパン株式会社様』の導入事例はこちら

★消費税10%対応に!商蔵奉行に期間限定特別モデル★

奉行シリーズを提供しているOBC社より、商蔵奉行発売開始から20周年を記念して「商蔵奉行Anniversary Edition」がリリースされました。
2019年3月末までの限定モデルとして、いまなら人気の5つのオプションを標準搭載しながら特別価格でご購入ができます。
※参考価格 スタンドアロン版:通常価格1,474,000円→505,000円(66%OFF)
詳しくはこちらをご覧ください。

★お問い合わせ★

「BIGLOBE奉行クラウド」の導入をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダーをご紹介します。
まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。

カテゴリー: サービス・イベント情報 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , | 『奉行クラウドフォーラム2018』に出展します(名古屋、東京、大阪)–消費税対応、働き方改革、クラウド はコメントを受け付けていません。

クラウド監視を使ってみよう(その1:死活監視編)

はじめに

どうもこんにちは!
BIGLOBEクラウドホスティング技術担当のS.Sです。
今回は、BIGLOBEクラウドホスティング(以下、クラホス)で提供している。
クラウド監視で実際に[死活監視]を行うまでの手順をご紹介したいと思います。

※以降の画面は”2018/06/22時点”のものです。

大まかな作業の流れ

作業項目としては、以下の通りです。
1. [クラウド監視]を契約
2. [mackerel-agent]をインストール
3. 監視ができている事の確認

※手順1~3までの作業時間は、スムーズに行えれば[約10分程度]です。
監視対象が複数の監視対象サーバある場合は、手順2を監視対象サーバ分繰り返し実施後、手順3を行って確認するといったイメージです。

[クラウド監視]の契約

先ずは、クラホスの[コントロールパネル]で[クラウド監視]を契約してみましょう。
i. クラホスの[コントロールパネル]へログインします。

ii. [BIGLOBEクラウド監視]画面で契約プラン選択
左側のメインメニューから、[①:クラウド監視]を選択すると、下記の画面が
表示されます。
今回は、死活監視のみですので、[②:BIGLOBEクラウド監視 Liteプラン]を選択し
[③:プラン変更]をクリックします。

iii. [BIGLOBEクラウド監視 プラン変更(確認)]画面で、[④:全画面の利用規約及び注意事項を確認しました]にチェックし[⑤:プラン変更実行]をクリックします。

iv. [BIGLOBEクラウド監視 プラン変更(完了)]画面が表示されたら、
[⑥:BIGLOBEクラウド監視へ]をクリックして下さい。

v. 手順ⅳまで完了した時点で、担当者様宛にメールが届きますので、
指示に沿って進めていただき、Mackerelへログインしてください。
※MackerelにログインできればOKです。
※Mackerelのアカウントが無い場合、メールのURL先から新規登録する必要があります。

以上で、クラウド監視の契約は完了です。
続いて、[mackerel-agentインストール]手順についてご案内します。

[mackerel-agent]インストール

いきなりですが、Mackerelのログイン後の状態から始めます。
Mackerelへのログインがお済でない方は、前項の[手順ⅴ]をリトライして下さい。

i. Mackerelへログインし、[①スタートガイド]をクリックします。
※固有情報はマスクしております。
※以下の画面に表示されているAPIキーは、[mackerel-agent]インストール時に入力しますので、頭の片隅に置いておいてください。

ii. [Mackerelをはじめよう]で[新規ホストの登録]をクリックします。

iii. [新規ホストの登録]で監視対象ホストのOSを選択します。
本ブログではWindows Serverを監視対象とするので[③Microsoft Windows]をクリックして、[④mackerel-agent-latest.msiをダウンロード]をクリックします。

iv. ダウンロードした[mackerel-agent]を監視対象サーバにインストールします。
★注意事項:本手順以降で課金が生じます★
コピーした[mackerel-agent]を実行します。

v. チェックを入れて[install]をクリックします。

vi. APIキーを入れて、[install]をクリックします。
※APIキーが不明な方は、手順iを確認下さい。

vii. [Finish]をクリック

以上で[mackerel-agent]のインストールは完了です。
次項で監視が出来ている事を確認します。

 

監視ができている事の確認

監視対象サーバからメトリック情報が送信されてくると、[利用ホスト台数]としてカウントされます。
それを踏まえて、再びMackerelの管理画面へ戻ります。
すると、ホスト数に変化( 0 ⇒ 1 )がある事を確認できます。
これは、先ほど監視対象サーバにインストールした[mackerel-agent]からメトリック情報が送信されたので、
Mackerel側が[ホスト台数]としてカウントした、という想定の動きです。
では、続いて死活監視の設定をしていきたいと思いますので、
[①Monitors]をクリックします。

[監視ルール設定]の画面が表示されましたが、
何やら1つだけ[監視ルール]が設定されています。
[connectivity] = 死活監視  (注:Ping監視ではありません)

実は、ホストとして認識した時点で死活監視が設定されます。(便利!)
よって特に死活監視の設定はしなくても良いのです。

以上で、『クラウド監視を使ってみよう(その1:死活監視編)』は終わりです。
いかがでしたでしょうか?
『死活監視は[mackerel-agent]をインストールすれば設定される(便利!)』という事だけ、覚えていただければと思います。

課金について

クラウド監視の課金の考え方のポイントを2つご紹介いたします。

①課金のタイミングの違い(他のクラホスの商品と比べ)
例えば、クラウド監視を2018/07に利用した場合、利用月と課金月の関係は以下の通りです。
表でお分かりになる通り、利用月の請求は翌々月に行われます。
★特に初月の利用分として、誤解される方がいらっしゃいます。
クラウド監視は有償商品となりますので、ご注意下さい。

ご利用月

ご請求月

クラウド監視

2018/07

2018/09

クラホスのその他商材

2018/07

2018/08

②課金単位の違い
[クラウド監視]と[監視・リソースモニタ]では、課金する単位が異なります。

課金単位

備考

クラウド監視

ホスト

利用するホスト台数毎に課金が発生します。

例えば、下記の①及び②はプランの範囲内であれば
同価格で利用可能です。

 ①Aサーバに死活監視のみ設定
 ②Aサーバに死活監視、ディスク監視、
  CPU使用率監視を設定

※監視の設定は、他にもあります。

 詳しくはMackerelHPを参照して下さい。

監視・リソースモニタ

監視項目数

監視項目数毎に課金が発生します。

 

以上

カテゴリー: サービス・イベント情報 | クラウド監視を使ってみよう(その1:死活監視編) はコメントを受け付けていません。

クラウド監視へ移行しなければならないたった一つの理由

はじめに

どうもこんにちは!
BIGLOBEクラウドホスティング技術担当のS.Sです。
今回はBIGLOBEクラウドホスティング(以下、クラホス)で提供している
[監視・リソースモニタ]から[クラウド監視]へ移行する為の手順をご案内
させていただきます。

『なぜ[クラウド監視]へ移行しなければいけないの?』と思ったお客様は、
下部にある『クラウド監視へ移行しなければならないたった一つの理由』を
是非ご覧ください!!

『具体的な移行手順を知りたい』というお客様は、
ご利用の監視状況に合わせて、以下3点からお選び下さい。

クラウド監視を使ってみよう[その1:死活監視編]

[監視・リソースモニタ]でPing監視のみご利用のお客様は
こちらをご覧ください。

クラウド監視を使ってみよう[その2:いろいろ監視編]

※★今後公開予定です★

クラウド監視を使ってみよう[その3:URL監視編]

※★今後公開予定です★

クラウド監視へ移行しなければならないたった一つの理由

※以下内容は、既存のお客様向けに以前メールでご連絡差し上げております。
クラホスの監視サービスである[監視・リソースモニタ]の後継として
2017年9月に[クラウド監視]をリリースしております。

また、併せてご案内しました通り[監視・リソースモニタ]は、
設備老朽化の為、サービス終了を控えております。
そして、そのサービス終了日は[2018年11月末]です。
現在が2018年7月なので・・・サービス終了まで残り4ヵ月!

クラホスで継続してサーバ監視をご希望される場合は、
クラホスの新しい監視サービス[クラウド監視]への移行をお願いいたします。

※終了する[監視・リソースモニタ]は下記の通りです。

1.監視

2.リソースモニタ

クラウド監視とは?

BIGLOBEのクラウドは、「はてなブログ」で有名な株式会社はてな社[以下、はてな社]のクラウドパフォーマンス管理サービス 「Mackerel」をベースとした監視サービス「BIGLOBEクラウド監視 Lite」、「BIGLOBEクラウド監視 Standard」を提供しています。

https://business.biglobe.ne.jp/hosting/feature/mackerel.html

クラウド監視を使ってみよう(その1:死活監視編)>>

カテゴリー: サービス・イベント情報 | クラウド監視へ移行しなければならないたった一つの理由 はコメントを受け付けていません。

【クラウド提案事例】PSD労働社会保険(労働保険、社会保険の申請書を作成)

こんにちは。久しぶりの投稿になります。
ビッグローブの広報担当 ココです。

今回は労働保険、社会保険の申請書を簡単に作成するソフト、
「PSD労働社会保険」のクラウド化のご紹介です。

「PSD労働社会保険」は、給与奉行、PCA給与、給与大臣、弥生給与などの給与ソフトのデータを取り込んで処理を行うことができます。
給与ソフトとあわせてクラウド化が可能です。

なお、「PSD労働社会保険」は「BIGLOBEクラウドホスティング」上で動作確認済みです(提供元の株式会社パシフィックシステムによる動作確認済み)。

全体イメージ

PSD労働社会保険は、e-Govをブラウザ起動する事なく、ソフトウェアの操作で電子申請が完結できます。

2018年3月、日本年金機構提出分の「健康保険・厚生年金保険」の各申請書にマイナンバー記載が開始されました。既に義務化されている雇用保険の申請に加えてマイナンバーを記載する申請書が大幅に増加された今、求められる【電子化】をサポートします。

 

〇特長①

【申請書は様式イメージ画面で作成】

申請書作成画面はシンプルな様式イメージを採用。手書き感覚で進められます。

特長②

【給与ソフト連動し、離職証明書も5分で作成可能に】

社員マスタ、月々の給与データを読込みする事で「正確」かつ「スピーディ」に賃金証明書を作成できます

お問い合わせ

PSD労働社会保険クラウドの導入をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダーをご紹介します。
まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。
※この記事は、「PSD労働社会保険」パッケージの株式会社パシフィックシステムから情報提供をいただき作成しております。
 

カテゴリー: ソリューション情報 | タグ: , , , , , , , , , | 【クラウド提案事例】PSD労働社会保険(労働保険、社会保険の申請書を作成) はコメントを受け付けていません。

消費税10%対応に!OBC社が商蔵奉行(販売管理・在庫管理ソフト)期間限定特別モデルを発売–BIGLOBE奉行クラウド


こんにちは。
ビッグローブの手品師 兼 広報担当 マギーです。

いよいよ消費税10%と軽減税率(2019年10月施行予定)への対応が必要になってきます。
これを機会に、勘定奉行10(会計ソフト)や商蔵奉行10(販売管理・在庫管理ソフト)をクラウドでご利用するお客様が増えています。

ビッグローブのクラウドはOBC社より公式対応パブリッククラウドに選ばれています。
おかげさまで、奉行シリーズが動作する国産クラウドで導入実績No.1になりました(2017年11月末までの実績 OBC社調べ)。

■OBC社が商蔵奉行(販売管理・在庫管理ソフト)期間限定特別モデルを発売

奉行シリーズを提供しているOBC社より、商蔵奉行発売開始から20周年を記念して
「商蔵奉行Anniversary Edition」がリリースされました。
2019年3月末までの限定モデルとして、いまなら人気の5つのオプションを標準搭載しながら特別価格でご購入ができます。

※参考価格 スタンドアロン版:通常価格1,474,000円→505,000円(66%OFF)



消費税改正にも対応していますので、販売管理システムをご検討のお客様は
ぜひOBC社のサイトより限定モデルの商蔵奉行をご確認ください。→サイトはこちら

■導入事例

BIGLOBEクラウドホスティングには多数の導入事例があります。
消費税10%対応のために勘定奉行10や商蔵奉行10を中心にビッグローブのクラウドのご活用をご検討いただけると幸いです。

総務経理部がシステム担当を兼任する少人数体制のお客様の事例
『【製造・販売業】岩下エンジニアリング株式会社様』の導入事例はこちら

他社クラウドからの乗り換え:勘定奉行、償却奉行
『【情報システム】株式会社三好コンスル様』の導入事例はこちら

他社クラウドからの乗り換え:商奉行、蔵奉行
『【情報システム】東京ソフト株式会社様』の導入事例はこちら

勘定奉行、給与奉行のデータバックアップ用に導入!「安心を1,000円(税別)/10GBで確保し、本業に専念しています。」
『【情報システム】ポッピンゲームズジャパン株式会社様』の導入事例はこちら

■お問い合わせ


BIGLOBE法人コンタクトセンターにお問い合わせください。
ビッグローブ指定の構築パートナーをご紹介いたします。
ビッグローブの構築パートナーより「BIGLOBE奉行クラウド」をご提供します。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。

カテゴリー: サービス・イベント情報 | タグ: , , , , , , , , , , | 消費税10%対応に!OBC社が商蔵奉行(販売管理・在庫管理ソフト)期間限定特別モデルを発売–BIGLOBE奉行クラウド はコメントを受け付けていません。

BLE対応ビーコンとLTE対応の小型Android端末でIoTを実現 – Location Business Japan 2018の様子(6月)

▲Location Business Japan 2018の様子(2018年6月14日 幕張会場)

こんにちは。
BIGLOBEのアキタです。

BIGLOBEは法人向けにIoT端末「BL-02」(LTE対応の小型IoT端末)を提供しています。
「BL-02」はBluetooth/LTEゲートウェイとして活用できます。

今回はBL-02のパートナーである
三信電気株式会社が出展したイベントの様子をご紹介します。

2018年6月に開催された『Location Business Japan 2018』三信電気社ブースに伺いました。
三信電気社はBluetooth機器メーカーの株式会社Braveridgeの取扱会社でもあります。

説明員を担当されていた三信電気社の方に紹介していただきました。

今回ご紹介いただいたBraveridge社は、BLE・LoRa・SIGFOXなどの無線通信技術を軸に豊富な製品企画開発力を発揮し、IoTデバイスの開発から量産までを、日本国内での生産にこだわるODM/OEM企業です。

▲IoTサービスを実現するBeaconラインナップ

▲糸島市でのLoRaWAN実証実験の取り組み

BL-02と組み合わせたIoTソリューション

Braveridge社のビーコンでデータ収集を行い、BL-02をゲートウェイ端末としてクラウド共有することで様々なIoTソリューションが可能になります。

▲提案事例:Braveridge社のビーコンの電波をBL-02で検知し行動センシングを実現

BL-02とBraveridge社のビーコンの連携により
幅広い分野でIoTソリューションを実現させていきたいと考えています。

今回ご説明いただいた三信電気社の方、ご協力いただきました関係者の方々には、この場をお借りして御礼申し上げます。

★BL-02のご紹介★

なお、BL-02は BT4.1、Wi-Fi(a/b/g/n)に対応しており、SIM内蔵なので単独でのLTE通信も可能です。
センサー類はGPSに加え10軸センサー(加速度、ジャイロ、地磁気、気圧)も搭載しています。
このBL-02をゲートウェイ端末として使用することで下記のようなソリューションが可能になります。

 

★お問い合わせ★

IoTソリューションの導入をご検討の方、まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。

カテゴリー: サービス・イベント情報 | タグ: , , , , , , , , , , | BLE対応ビーコンとLTE対応の小型Android端末でIoTを実現 – Location Business Japan 2018の様子(6月) はコメントを受け付けていません。

[静岡県沼津市] 「働き方改革」「IT導入補助金」などのイベントに出展します(2018年7月)––奉行、大臣、PCA向けクラウド

2018年7月18日(水)『Solutions Fair in 東静岡』の様子


こんにちは。
BIGLOBEのクラホスブログ編集長のマギーです。

BIGLOBEは2018年7月18日(水)19日(木)に開催されるイベント
『Solutions Fair in 東静岡』にブース出展します。

フェアの中では、
ITコーディネーターの方による「働き方改革」セミナーや
税理士法人 代表社員の方による「IT導入補助金」セミナーなどが
開催されます。また、各種ソリューションが展示されます。

★注目!セミナー申込・ご来場予約特典★

セミナー申込・ご来場予約のお客様に
布カラープリンター「RICOH Ri100」で作成した
トートバッグをプレゼント!!

あなただけのトートバッグをお気に入りの写真・画像で印刷します!

※著作権・肖像権に触れるものは印刷しかねます。
お申込みいただいたお客様には担当者よりメール連絡させていただきます。
※ご提供いただいた画像は印刷後消去させていただきます。

★BIGLOBEブース★

BIGLOBEブースでは、「BIGLOBEクラウドホスティング」を展示します。
奉行、大臣、PCAシリーズの会計システムのクラウド化に対応した
月額固定料金の国産クラウドサービスです。
BIGLOBEのクラウドで動作する連携ソリューションなどもご紹介します。
クラウドを使った「新しい働き方」を体験いただけます。

BIGLOBEオリジナルノベルティもご用意しております。是非、お立ち寄りください。

★イベント情報★

『つながる』 人も・仕事も・情報も  Solutions Fair in 東静岡

●概要:BIGLOBEのクラウドのパートナー主催のイベントです。
●会期:2018年7月18日(水)19日(木)  10:00~18:00(受付終了17:30)
●会場:ViCreA東静岡(リコーソリューションズ東静岡 ショールーム)
[沼津市本田町2番3号] (JR沼津駅近隣)
●主催:リコーソリューションズ東静岡株式会社
●協賛:リコージャパン株式会社 東静岡営業部
●詳細とお申し込み:こちらからお申し込みください。


▲前回のイベントの様子(2018年3月6日)

★お問い合わせ★

「奉行、大臣、PCA向けクラウド」の導入をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダーをご紹介します。
まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。

カテゴリー: サービス・イベント情報 | タグ: , , , , , , , , , , | [静岡県沼津市] 「働き方改革」「IT導入補助金」などのイベントに出展します(2018年7月)––奉行、大臣、PCA向けクラウド はコメントを受け付けていません。

「BIGLOBEクラウドバックアップ」を使ってみよう(ファイアウォールパターン編 & VPNパターン編)

■はじめに

はじめまして。BIGLOBEクラウドホスティングの技術担当です。

今回は、BIGLOBEクラウドホスティングで提供しているBIGLOBEクラウドバックアップについて、セキュリティ対策として多くご利用いただいているファイアウォールやVPN接続と組み合わせて利用した場合の設定方法について簡単にご紹介いたします。

・仮想サーバ+ファイアウォールをご利用の場合
・仮想サーバ+VPN接続をご利用の場合
それぞれの場合について、ファイアウォールはコントロールパネルにて提供しているものをVPN接続はBIGLOBEクラウド ソフトウェアVPN2を利用したもので、ご紹介していきたいと思います。

BIGLOBEクラウドバックアップの概要や購入手順などは、下記をご参照ください。
BIGLOBEクラウドバックアップ紹介ページ
BIGLOBEクラウドアプリストア販売ページ

■仮想サーバ+ファイアウォールをご利用の場合

(バックアップ対象の仮想サーバにグローバルIPアドレスあり)

1.BIGLOBEクラウドバックアップご利用イメージ

バックアップ先であるAcronisのサーバと、BIGLOBEクラウドホスティングのバックアップ対象の仮想サーバにインストールされたエージェントが通信をするために、ファイアウォールにエージェントの通信を許可する設定が必要になります。

2.ファイアウォールの設定

ファイアウォールをご利用の場合、BIGLOBEクラウドホスティングのバックアップ対象の仮想サーバにエージェントをインストール前に、Acronisサーバ群とエージェントの通信を許可する設定が必要になります。コントロールパネルのファイアウォール設定に以下のようにルールを追加します。
<ファイアウォール設定例>

※上記の設定は2018年5月17日時点の情報を元に設定しています。
最新の送信先サーバやサービス/ポートの情報は
https://kb.acronis.com/content/47189 をご参照ください。

3.インストーラのダウンロード

BIGLOBEクラウドバックアップでは、バックアップ対象の仮想サーバにエージェントをインストールする必要があります。まずは今回の設定前にエージェントのインストーラをダウンロードします。
BIGLOBEクラウドバックアップの管理コンソールにログイン後、デバイスの追加をクリックします。
下にスクロールすると、32bit/64bit用のインストーラがありますので、インストール先仮想サーバのOSに合わせてダウンロードします。

4.エージェントのインストール

ダウンロードしたインストーラを仮想サーバにて実行し、エージェントをインストールしていきます。以下はWindows系OSの場合の手順となります。
①インストーラを実行します。

②Acronisの管理コンソールにログインするIDとパスワードを入力します。

③インストール設定はデフォルトのままインストールします。

④インストール完了です
※仮想サーバのOS再起動は不要です。

⑤管理コンソールにもインストールしたホスト名が表示されました。
これでファイアウォールを通してバックアップ/復元ができるようになります。

■仮想サーバ+VPN接続をご利用の場合

(バックアップ対象の仮想サーバにグローバルIPアドレスなし)

1.BIGLOBEクラウドバックアップご利用イメージ

バックアップ先であるAcronisのサーバと、BIGLOBEクラウドホスティングのバックアップ対象の仮想サーバにインストールされたエージェントの通信をproxyサーバ経由で行うように設定にします。

2.インストーラのダウンロード

BIGLOBEクラウドバックアップでは、バックアップ対象の仮想サーバにエージェントをインストールする必要があります。まずは今回の設定前にエージェントのインストーラをダウンロードします。
BIGLOBEクラウドバックアップの管理コンソールにログイン後、デバイスの追加をクリックします。
下にスクロールすると、32bit/64bit用のインストーラがありますので、インストール先仮想サーバのOSに合わせてダウンロードします。

3.エージェントのインストール

ダウンロードしたインストーラを仮想サーバにて実行し、エージェントをインストールしていきます。以下はWindows系OSの場合の手順となります。
①インストーラを実行します。

②「プロキシ設定を表示」させ下記の入力項目をすべて入力します。
・ログイン:Acronisの管理コンソールにログインするID
・パスワード:Acronisの管理コンソールにログインするパスワード
・HTTP プロキシサーバーを使用する:チェック
・名前/IP:172.31.179.100
・ポート番号:80
※今回のプロキシサーバーの設定は、BIGLOBEクラウドホスティングが提供するプロキシサーバーになります。グローバルIPアドレスなしの仮想サーバ以外は、ご利用をご遠慮ください。

③インストール設定はデフォルトのままインストールします。

④インストール完了です。
※仮想サーバのOS再起動は不要です。

⑤管理コンソールにもインストールしたホスト名が表示されました。
これでproxyサーバ経由でのバックアップ/復元ができるようになります。

■最後に

簡単ではありますが、BIGLOBEクラウドバックアップの設定についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?このブログをご覧いただき、BIGLOBEクラウドバックアップ利用のお役にたてれば幸いです。

BIGLOBEクラウドバックアップは通常のバックアップのほかに、ランサムウェア対策としてもご利用いただけます。ランサムウェア対策についてもご紹介しておりますので、こちらも参照していただけると幸いです。
追加費用なし!BIGLOBEクラウドバックアップでクラウドサーバのランサムウェア対策

お問い合わせ
BIGLOBEクラウドバックアップの導入についてのご相談、お見積りなどは、BIGLOBE法人コンタクトセンターまでお問い合わせください。

カテゴリー: 技術情報 | タグ: | 「BIGLOBEクラウドバックアップ」を使ってみよう(ファイアウォールパターン編 & VPNパターン編) はコメントを受け付けていません。