新メニュー「クラウド監視」を使ってみよう(ファイアウォールパターン編 & VPNパターン編)


◆はじめに

こんにちは、BIGLOBEクラウドホスティング技術担当のS.Sです。
BIGLOBEクラウドホスティング(以下、クラホス)のメニューに新たに追加された
『クラウド監視』について、クラホス業務パッケージソフト向け構成として
多くご利用いただいている下記2パターンを想定した利用手順のポイントを簡単に
ご紹介いたします。

・【ケース1】クラホス仮想サーバ+ファイアウォールパターン
・【ケース2】クラホス仮想サーバ+VPNパターン
※VPNパターン:BIGLOBEクラウド ソフトウェアVPN2を利用した構成

クラウド監視の概要や購入手順等は、下記をご参照下さい。
BIGLOBEクラウド監視紹介ページ
購入手順(クラホスユーザマニュアル)

◆クラウド監視のイメージ

仮想サーバにインストールされたMackerelエージェントは、
定期的に監視対象サーバのメトリック情報をMackerelサーバに暗号化して送信(投稿)します。
ユーザは、Mackerelの監視画面からサーバの情報を確認する事ができます。

◆【ケース1】:クラホス仮想サーバ+ファイアウォールパターン

クラホス仮想サーバにファイアウォールを利用した構成の場合に
『クラウド監視』を利用する手順をご紹介いたします。

1.ご利用イメージ

ファイアウォールをご利用の場合、仮想サーバにMackerelエージェントをインストールしただけでは、エージェントに必要な通信が許可されていません。
下記2の手順でMackerelエージェントからMackerelサーバへの通信許可を設定する必要があります。

 

2.ファイアウォールの設定

コントロールパネルの[ファイアウォール]-[設定画面]より、許可する通信の設定を
追加していきます。
※許可する通信の最新情報はMackerelのFAQよりご確認下さい。
MackerelのFAQ参照

<実際の設定イメージ>
下記の設定は、[TestFW]というファイアウォールのグループに、
監視対象のサーバが所属しています。
※今後監視対象のサーバを追加される場合は、このグループに所属させるだけでOKです。

ファイアウォールの設定が完了したら、Mackerelエージェントからメトリック情報が
届いているか確認してみましょう。

3.Mackerelの監視画面上で確認

[ファイアウォールの設定]を終えて暫くすると・・・
下記の通り、Mackerelエージェントから送られた情報がグラフとして表示されている事が分かります。

◆【ケース2】:クラホス仮想サーバ+VPN接続

続いて、クラホス仮想サーバにVPN接続パターン構成の場合の設定方法をご紹介いします。
※ケース2は、グローバルIPアドレスを付与していない仮想サーバが対象です。
グローバルIPアドレスを持つ仮想サーバでのご利用はご遠慮下さい。

1.ご利用イメージ

プライベートIP側から通信を行います。

2.Mackerelエージェントのconfファイル変更

クラウド監視をVPN接続利用で行う場合には、
Mackerelエージェントの.confファイルに定義文を追加する必要があります。
通常であれば下記フォルダに格納されているので、テキストディタで開いて編集します。
※下記で定義するプロキシサーバは、クラウド監視用にBIGLOBEでご提供しております。

格納場所   : C:\Program Files (x86)\Mackerel\mackerel-agent
ファイル   : mackerel-agent.conf
追加する定義文: http_proxy = “http://172.31.179.102:80”

定義の追加はこの1行のみです。
.confファイルを上書き保存できたら、エージェントからメトリック情報が届いているか確認してみましょう。
※詳細はMackerelのFAQ

3.Mackerelの監視画面上で確認

[Mackerelエージェントのconfファイル変更]を終えて暫くすると・・・
下記の通り、Mackerelエージェントから送られた情報がグラフとして表示されている事が分かります。

◆おわり

ご紹介する内容は以上となりますが、如何でしたか?
私個人としては、思ったよりも少ない手順で設定できた印象です。

ちなみにですが、BIGLOBEのクラホスブログを管理しているサーバにも、
Mackerelエージェントが入っておりまして、日夜メトリック情報をせっせと送信してくれるので、サーバの負荷の見える化が実現でき、クラホス技術班としても非常に重宝しております。

このブログをたくさんの方にご覧いただけると、サーバの負荷と共に私の評価も上昇する事間違いないので、日々『クラウド監視』で業務の合間に監視したいと思います!

最後に、このブログがクラウド監視をご検討いただくきっかけになれば幸いです。

カテゴリー: サービス・イベント情報 パーマリンク