【特集】「基盤リニューアル」に伴う機能強化(2018年4月時点)



こんにちは。
BIGLOBEの手品師 兼 広報担当 マギーです。

BIGLOBEクラウドホスティングのデータセンタ基盤(東日本リージョン)の
リニューアルに伴い、2018年4月25日に強化されたメニューについて
ご紹介いたします。

なお、2017年7月26日以後に、新規にお申し込みされたお客様の環境は、
リニューアルされたデータセンタ基盤(東日本第2リージョン)になります。

今後とも、BIGLOBEのクラウドサーバをよろしくお願いします。


【(1) 2018年4月25日に強化されたメニュー】


New!サーバのネットワーク強化 第2弾

サーバのネットワーク帯域を1Gbpsベストエフォートへ拡張するオプションの提供を開始しました。*1
(1ライセンス 月額 8,000円[税別])*2

*1 :なお、「BIGLOBE クラウドVPN2」「BIGLOBEクラウド ソフトウェアVPN2」 をご利用の場合は、VPN接続時のスループット120Mbpsベストエフォートです。
*2 :帯域拡張を行うネットワークは、1サーバ・1ネットワークインターフェース(グローバル側もしくはプライベート側)あたり1ライセンスとして、必要数購入してください。


New!サーバのスペック上限強化

サーバ1台あたりのスペック上限が、
CPUは最大8vCPU *1
メモリは最大64GB *2
になりました。*3

*1 :3vCPU、5vCPU、7vCPUの割当は提供しません。1vCPU、2vCPU、4vCPU、6vCPU、8vCPUとなります。
*2 :8GBまでは+1GBずつ変更可能、8GB以上は+4GBずつ変更可能です。
*3 :サーバのOS(Windows Server のバージョンによる上限制限)やミドルウェア(SQL Serverコア版のプリセットサーバ)によってスペック上限が異なる場合があります。


【(2)これまでに強化されたメニュー】


サーバのネットワーク強化 第1弾

従来の東日本リージョンは、1サーバあたりネットワーク帯域は、
標準 100Mbps(ベストエフォート)、
有料オプションで上限 300Mbps(ベストエフォート)まで拡張できました。*1

リニューアル後、1サーバあたりネットワーク帯域は、
標準で 300Mbps(ベストエフォート) になりました。*1

*1 :なお、「BIGLOBE クラウドVPN2」「BIGLOBEクラウド ソフトウェアVPN2」 をご利用の場合は、VPN接続時のスループット120Mbpsベストエフォートです。


サーバ監視、リソースモニタ

BIGLOBEのクラウドは、「はてなブログ」で有名な株式会社はてな社[以下、はてな社]のクラウドパフォーマンス管理サービス 「Mackerel」をベースとした監視サービス「BIGLOBEクラウド監視 Lite」、「BIGLOBEクラウド監視 Standard」の提供を開始しました。
はてな社の「Mackerel」とBIGLOBEのクラウドを使うことにより、業務パッケージソフト向けのサーバに対して、プロセス監視やイベントログ監視など、より詳細な監視項目を、サーバ一台あたり月額1,200円[税別]から設定できます。


【(3)リニューアル後のデータセンタの特長】



●海岸より十分離れた立地(ハザードマップ被害想定区域外)
●地震、火災、落雷対策が施されたデータセンター専用建物
●受電設備の冗長化、UPS設備、自家発電設備による電源の確保
●セキュリティ対策はICカード、監視カメラのほか顔認証装置も完備
●ISO27001認証、SOC2/Type1レポート、Type2レポートを取得したデータセンターで稼動


★お問い合わせ★

BIGLOBEクラウドホスティングの導入をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダーをご紹介します。まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。

★参考★

「リニューアル後、強化される予定のメニュー」
【特集】「基盤リニューアル」に伴う機能強化(2017年8月時点)

カテゴリー: サービス・イベント情報 タグ: , パーマリンク