【クラウド提案事例】 Tender21クラウド (建設業向け工事情報管理) –建設業法に則った適正な「人員配置制御」と「施行体制台帳」作成



こんにちは。
BIGLOBEの手品師 兼 広報担当 マギーです。

BIGLOBEのクラウドは、中小企業向け業務パッケージソフトの動作確認を進めています。

今回は、建設業向け業務パッケージソフトに着目して、
建設業法に則った適正な人員配置やスケジュール管理ができる工事情報管理システム
Tender21クラウド(株式会社ユニテック提供)を使った提案事例をご紹介します。

全体イメージ


建設工事の適正な施工を確保するためには、実際に施工を行っている工事現場に、
一定の資格・経験を有する技術者を配置し、施工状況の管理・監督をすることが必要です。

「Tender21」を使えば、建設業法に則った人員配置やスケジュール管理ができます。
また、作成した人員配置情報より、建設業法上の「施工体制台帳」の作成ができます。

利用シーン1:建設業法に則った適正な人員配置制御


△技術者スケジュール一覧照会画面の例

 【建設業法に則った適正な人員配置制御】
  登録した技術者情報、予定工事や契約工事の人員配置の情報より、
  技術者スケジュール一覧を照会できます。一覧表示しながら、個別メンテナンスできます。

 【施行体制台帳】
  登録した工事情報と人員配置情報より、施工体制台帳の出力ができます。

利用シーン2:離れた拠点間でシステム共有

クラウドを活用して離れた拠点間でも工事情報管理システムを共有できます。

なお、「Tender21」は「BIGLOBEクラウドホスティング」上で動作確認済みです(提供元の株式会社ユニテックによる動作確認済み)。

お問い合わせ

Tender21クラウドの導入をご検討の方、サーバの見積り、構築ベンダーをご紹介します。
まずは、BIGLOBE法人コンタクトセンターへお電話ください。

phone
otoiawase

※本サイトに掲載された社名、商品名、サービス名、ロゴマークは各社の商標または登録商標です。
※この記事は、建設業向け工事情報管理パッケージ「Tender21」の株式会社ユニテックから情報提供をいただき作成しております。

カテゴリー: ソリューション情報 タグ: , , , , , パーマリンク