2018年5月25日より、EU域内にいる個人の個人データを保護するためのEUにおける統一的ルールが施行されます。

ビッグローブ法人向けクラウドサービス(クラウドホスティング、クラウドメール、クラウドストレージ)をご利用のお客様においては、本件に該当するサービスを提供している(提供する)場合は、お客様ご自身が個人データに関する「管理者」となり、本規則を準拠する必要がございます。

詳細は、以下『個人情報保護委員会』に掲載されている注意事項を確認して下さい。
https://www.ppc.go.jp/news/press/2017/20180328/

本件に該当するお客様において、ビッグローブの立場は「処理者」になりますが、弊社は本規則に対応しておりませんので、ご注意お願い致します。

例) 個人データの漏えい本規則 に抵触した際、72時間以内にログ情報等の提供が求められる場合がありますが、クラウドホスティングサービスとして、対応できる体制がありません。
また、GDPRでは、個人データ利用について、「同意の撤回」が可能ですが、 クラウドホスティングサービス では、いつでも個人情報を削除したり、そのエビデンスを提供するような機能を持ち合わせておりません。